写真は コマセサビキ釣りの一例になります。コマセカゴに八分目くらいコマセをつめてセット完了です。 

現場へ到着したら、この体勢で 投入の合図を 待てるようにします。

忘れやすいのが 尻手です。 必ず リールまたはロッドから1本 と ロッドキーパーから1本の 2本を付けましょう。
 
また 手の届くところに ハサミ・ペンチ・予備の仕掛け・オモリ などを置いて  おくと都合が良いです。身の回りのスペースを 旨く使ってください。 

 * アジは非常に口の弱い魚です。 タモアミは 手の届くところにおきましょう。





サビキ釣りの場合、ハリに餌は付けません。 かわりに コマセカゴに コマセ(アミエビやシラスなど)を詰めます。 (喰いの悪い時など まれに オキアミを付けたり イカを付けたり ということはあります。)

コマセの詰め方は、 あまり詰め込まないで、 7、8分目 くらいが 適当です。 コマセが出ないと 釣りになりません。

コマセカゴは コマセの出方が調整出来る機構になっています。 ひとつの 目安として 7.8回のシャクリでコマセが 出切る位に調整して、後は釣れ方などで 変えていってください。

コマセは 出すぎても 少なすぎても 効果が激減します。 効率のよい出方を見つけましょう。





まず リールの電源の確認をしてください。 電源が入っていなければ 電源を入れてください。船べり設定 ゼロ設定 も お忘れなく! * 船べり設定は 竿を立てて コマセカゴが 手元に来るように セットしてください。 (仕掛けは手繰り上げます)

仕掛けの絡みが無いか 確認しておいてください。  船長の合図で  オモリから海面にいれます。





船長の<指示棚> 前後を探ります。 


1回 2回 シャクリを入れて コマセを巻き リールのハンドルで 2.3回転巻き アタリを待ちます。 シャクリを入れてから リールを巻くのは コマセの煙幕の中に サビキを入れるためです。アタリが無ければ もう一度シャクリを入れて 2.3回転巻き アタリを待ちます。

この動作を アタリが出るまで 4.5回 繰り返します。 徐々にシャクリ上げてくる わけです。 アタリが無ければ 巻き上げてコマセを詰め直します。

アタリが出た場合は、すぐには巻き上げず、 ハンドルをゆっくり巻いて   追い食いを 誘います。数をつけるのが この釣りの醍醐味です。 喰いが良ければ 上から下まで アジが付いてきます。

巻き上げは 手持ちで スピードはスローが鉄則です。 口の弱いアジがバレ  ないように スムーズ且つ 一定に 船の上下動が大きい時などは ロッドワークで 動きを緩和させてください。

アジ釣りは この一連の動作の繰り返しです。

また アジの活性が高ければ、棚がどんどん上がってきますし、上方で釣る ほど 大型が来やすいです。反対に 活性が低い時は 底にへばりついている場合が多く、場合によっては 錘を下に付けてしまって釣る場合も あります。 ということも 覚えておくと 役立ちます。





アジの取り込みは  出来れば タモ入れしたほうが よいのですが、 胴付仕掛けでアジが たくさん付いた時など 仕掛けの関係で 抜き上げる場合が 多くなってしまいます。 大アジなどが 1尾しか付いていないようなら、タモ入れしたほうがよいでしょう。 

抜き上げする場合、 アジが水面で 出来るだけ暴れさせないように そっと抜き上げていきます。アジが付いたまま 錘まで 船に手繰りこんでしまい、 アジを はずしていきます。この時に 仕掛けが絡みやすいので 気をつけてください。 仕掛けを 絡ませないようにするには ある程度要領がありますので、 何回か実践して コツを掴んでください。





イケス や タル に とりあえず 釣ったアジを どんどん入れてください。そして すぐに コマセを詰めて 再投入します。とにかく 釣っては すぐに投入 する の 繰り返し です。 死んでしまったり、弱ったアジ は クーラーへ移していきます。





アジの場合 マメアジ・小アジは 特に 〆るといったことはしませんが、お刺身で食べる場合は 〆たほうが 断然 おいしくなります。 クーラーに移す前に 首を折る か ナイフを入れて〆て バケツなどで 血を抜いてから クーラーへ移します。クーラーには、氷と海水を入れて(水氷) その中にアジをいれます。 氷だけだと せっかくのアジが
氷焼け してしまいます。



 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  アジ釣りのホームページ All rights reserved.